子供の運動神経は少しの工夫でもっと伸びる?成長させるコツとは

子供の運動

親が子供の頃から運動神経があまり良くなかった場合には、子供の運動神経について心配になることがあるでしょう。

 

運動神経は遺伝するとも言われていますから、自分の遺伝子を受け継いでしまったら運動の出来ない子供になると思って焦る親も少なくありません。

 

しかし、環境を変えることで子供の運動神経は伸ばすことが出来るのです。
子供の運動神経を少しのコツで思い切り伸ばしてあげましょう。

 

運動神経を伸ばす為には運動神経そのものについて理解すること

 

運動神経の定義をしっていますか?
運動神経とは、運動機能に関わっている神経や骨格筋を司る神経のことです。

 

また、スポーツを巧みにこなす能力のことで、運動神経が良いと言われるのは、どちらも兼ね備えている場合を指します。

 

運動神経が良い人は、スポーツを行う際に、迅速に判断しながら筋肉にしっかりと命令出して運動が出来る人のことを言うのです。

 

運動神経を成長させる為には、神経経路を鍛えていく必要があるでしょう。
体力や筋力だけの問題ではないと言うことが分かりますね。

 

もちろん、体力や筋力は徐々につけていくものとして、その前に神経経路を成長させてあげましょう。

 

神経経路の成長の為に幼児期から体を動かすこと

 

幼児期にスポーツをさせることで、子供は小さな頃から神経経路を鍛えることになるでしょう。
幼児の習い事の中で一番人気があるのは、スイミングです。

 

これは、5人に1人が通っている計算になりますから、特に人気があるスポーツと言えるでしょう。
スポーツの習い事をさせることで、活発に運動をする機会が増えます。

 

しかし、スポーツの頻度が十分でない場合にはいくらスポーツの習い事をしていても特定の部位だけを使いすぎてしまって、怪我に繋がるケースもあるのです。

 

運動神経は、スポーツの習い事をすることで良くなるとは限りません。

 

まずは多様な動きをする経験をして、自発的に運動が出来る子供にさせるようにするのがポイントです。

 

体を動かす遊びを通して、運動神経を鍛えることが出来ます。
もちろん、スポーツの習い事も良いのですが、自発的にすると言う点では、体を動かす遊びの方が良いでしょう。

 

スポーツも習い事でさせる場合は親がさせている感覚が抜けなくなる為に、子供の自発性はなかなか引き出せません。

 

子供の成長に合わせた遊びをしていこう

 

運動をしながらの遊びには様々な種類がありますね。
幼児期とは、大体3歳から6歳の子供のことです。

 

未就学児童と言って区別するのですが、この時期の子供でも、3歳の子供と6歳の子供の出来ることには違いがありますね。

 

年齢によっても経験が違いますから、運動の種類も子供の成長に合わせて考えていきましょう。
同年齢でも、同じスポーツをさせてみると運動神経に個人差が生まれます。

 

体を動かす遊びでも、一つ出来るようになったら次の段階に進めていくと言った感じで経験をたくさんさせてあげると良いですね。
運動神経の成長には、遊びの中でいろいろな動きを入れてあげることが大事です。

 

例えば幼児期の子供であれば、体のバランスを保つ為に

  • 座る
  • 立つ
  • 寝転ぶ
  • 回る
  • 起きる
  • ぶら下がる

などの動作が含まれる遊びを取り入れましょう。

 

運動神経の成長の為に経験が必要です

 

子供の運動神経を成長させると言っても、難しく考える必要はありません。
その子に合った、そしてまた楽しい遊びをすれば良いだけです。

 

幼児期のうちから、体を使った遊びを繰り返していくことで、徐々にその面白さを知ることが出来るようになります。

 

子供が自ら進んで自発的に遊ぶようになりますから、親は最初だけそのサポートをしてあげれば良いでしょう。
幼児期の3歳くらいの頃は、まだ難しい遊びは出来ません。

 

立つ、座る、寝転ぶ動作を繰り返すような遊びだけでも十分に運動神経を成長させることが出来ます。

 

ジャンケンをして負けたら座る、勝ったら立つ、あいこなら寝転ぶなど、非常に簡単なものを遊びとして取り入れれば勝手に運動していることになりますね。

 

無理に走ったり、ジャンプさせる必要はなく、遊びの中に動作を入れてあげれば良いと考えてあげましょう。

 

幼児期運動指針の中では、幼児の場合は遊びを中心にして一日合計で60分間、体を動かす遊びが必要だと伝えています。

 

その中には、手伝いや散歩も含まれていますから、トータルで見て運動をしている時間を足してあげると分かりやすいでしょう。

 

子供の運動神経を成長させる為には、このように運動神経そのものよりも、まず神経経路を鍛えていくと言う考えを持つと良いですね。

 

その神経経路を鍛える為には、遊びの中に運動を織り交ぜて上げることで、子供は楽しくそして自発的に運動をするようになるものだと考えましょう。

 

習い事をさせるのも良いのですが、それだけでは体全体の機能を毎日まんべんなく使うことには繋がりませんね。

 

大事なのは、毎日体を使うことであり、週一回や二回スポーツをさせることではないのです。
いろいろな遊びをすることで、親子のコミュニケーションも取れるでしょう。

 

また対決ではこちらもお勧めです。
アートネイチャーアデランスの対決ページ
知っておきたい事もあるので知っておくと良いでしょう。