子供の自転車はいつから開始?補助輪を外すタイミングも重要

自転車

子供に自転車の練習をさせる場合、一体いつから始めれば良いのか悩む親もいるでしょう。
最近では、とても幼い子供がすいすい自転車に乗っているのを見かけるようになりました。

 

以前と比べて、自転車技術の習得も早まっているのですね。
さて、子供がいつから自転車に乗れたら良いのか、ここで考えていきましょう。

 

併せて、補助輪を外すタイミングについてもご紹介します。

 

三歳になることが目安です

 

子供に自転車を教えるタイミングを迷っているようであれば、次の事をまずは考えてみましょう。

 

まずは、子供が三歳になっているかどうかです。
さらに、家庭の環境で自転車を乗る機会があるかどうかと、周囲の友達が乗り始めているかどうかを考えてみましょう。

 

家庭の環境に当てはめて考えてみるとこの条件が揃っているのであれば、是非練習を始めて良いですね。

 

三歳になると言うことは、走ったりジャンプしたりいろいろな事が出来る年齢になっていると言うことです。

 

ですから、三歳をキッカケに自転車を買って練習してみるのも良いでしょう。
子供と一緒に自転車を見に行ったりすることで、乗りたいと言う意欲も湧きますね。

 

本人が乗りたいと思う時期がベストだと考えてください。
逆に自転車に興味がなく、乗りたくないと言っているのであればそれはベストタイミングではないと言うことです。

 

子供は自分が興味のあることしか集中してやらない傾向にあるので、三歳になってから本人の意思を確認しましょう。

 

自転車に乗る環境について

 

自転車は、家庭の環境によって乗る、乗らないに分かれます。
休日に自転車を使い家族で出かけたり、大きな公園で自転車を楽しむ機会があるのであれば、存分に練習できますし、自転車が好きになりますね。

 

また、周囲の友達が自転車に乗っている場合には、自分も出来るようになりたいと自然に思うものです。

 

自転車の技術を習得する為には、ある程度親に時間があって、教えてあげる時間があることも大事でしょう。

 

自転車を購入しても一切乗る機会がなければ、子供の興味も薄れてしまって、いざ練習させようと思ってもやる気がなかったりしてなかなかうまくいきません。

 

友達が自転車に乗っていても、自転車の練習に嫌気がさしている場合には、自転車があっても練習しませんね。

 

まずは、自転車を乗る環境が整っているかどうかを考えるようにしましょう。
親と子供の気持ちがピタリと合えば、子供の意欲も湧きます。

 

補助輪を外すタイミングとは

 

最初のうちは、補助輪に頼って自転車に乗るでしょう。
しかし、これはもう昔のやり方と言っても良いですね。

 

本来であれば、補助輪と足のペダルを外して、地面で足を蹴って自転車を進めていくと言うやり方が一番良いのです。

 

その方が自転車の重みなどを体で覚えることが出来ますし、地面で蹴って進むことによって、自転車と自分のバランスを知ることが出来ます。
これがすらすら出来るようになれば、ペダルを付けてみても一気に乗ることが出来るのです。

 

しかし、子供はまず補助輪をつけて乗ってみたいので、最初は補助輪で自転車とはどのようなものかを体験させてあげても良いですね。
補助輪をつけていれば、ペダルを漕ぐ練習にはなります。

 

しかし、あるタイミングで補助輪とペダルを一気に外して、地面を蹴る練習をスタートさせた方がスムーズに自転車に乗れるようになるでしょう。

 

最近の練習方法は画期的です

 

昔は、自転車の練習と言えば傷を作ってひたすらやるものと言うイメージでしたね。
しかし最近では、地面を蹴って進む練習から入ればアッと言う間に乗れるようになるので、教える親が驚くほどです。

 

幼い子供でも簡単に乗れる方法が地面を蹴る方法なので、補助輪を付けている子供はほとんどいません。

 

逆に補助輪を付けているようでは、いつまでたっても自転車に乗れるようにはならないと言った考えの方が圧倒的でしょう。

 

自転車を漕ぐことは、子供の運動神経を発達させる良いチャンスです。
少し遠い公園で、今まで車で行っていたようなところでも、自転車で往復すればかなりの運動量になるでしょう。

 

自転車を教えると共に、交通ルールやマナーも身に付きます。
3歳になったくらいから自転車に慣れ親しんでみると良いでしょう。

 

自転車を練習する時には、公園など広い場所で練習させてあげたいですね。
もちろん、ブレーキの使い方についてもしっかりと教えてあげましょう。

 

自転車の練習は、以前までと比べて画期的に変わりました。
自転車に乗るのが難しくないと言うことです。

 

親の方は、自転車の練習が大変、転んだらどうしようなどと余計なことを考えてしまうのですが、練習法が飛躍している現在では、無傷ですいすい乗れるようになります。

 

自転車に乗ることで、腕や足の筋肉を発達させることも出来ますね。
風を感じながら自転車に乗ることが楽しいと思えば、子供は進んで自転車に乗るようになるでしょう。

 

親も一緒に自転車で行動すると、休日の楽しみが一層増えますね。