子供の運動神経を伸ばすなら外遊びが大切な理由について

外遊び

子供の運動神経を伸ばす為には、外遊びが大事で非常に有効的な手段だと言われています。
外で遊ぶことは、子供の脳の活性化にも繋がるとして外遊びが推奨されているのです。

 

外で思い切り遊ぶことが出来るのは、子供にとっても良い経験になります。
ここでは、そんな外遊びの必要性や大事さについての話をしましょう。

 

外遊びは年齢別で出来ることが増える

 

外遊びは、赤ちゃんから大人までが出来る遊びがたくさんあります。
年齢別のステージをクリアしていくことによって、どんどん運動神経が鍛えられていくのです。

 

幼児期の3歳頃には、走ったり飛んだり、外で思い切り体を動かすことが出来ますね。
さらに5歳くらいになると、ボールを投げたりキャッチしたりと言う動作が身に付きます。

 

6歳以降は、友達とかくれんぼや鬼ごっこなどルールを伴う遊びに集中することがあるでしょう。

 

このように外遊びは年齢別で出来ることが徐々に増えていくので、子供の楽しみが増える仕組みになっているのです。

 

8歳くらいになれば、運動の神経系の発達が完全になりますから、技術やスキルを磨くのにちょうど良い時期になります。

 

友達と一緒にサッカーをしたり、バトミントンをしてみたりと遊べる幅も広がります。
運動神経を伸ばしながら人との関わりあいも上手になっていくでしょう。

 

外遊びでは空間認知能力が備わる

 

空間認知能力とは、距離や大きさ、方向性などを正確に判断する能力のことです。
この空間認知能力が高い場合には、サッカーや野球などの分野において、狙った部分にボールを当てることが出来るようになります。

 

外遊びの中には、キャッチボールや、ドッジボールなどがありますね。
これらの遊びは、この空間認知能力を高める為に良い運動です。

 

遊びながら運動神経を鍛えていけるので、運動神経を伸ばす為には最適なスポーツと言えるでしょう。
友達とはドッジボールが出来ますし、休日には父親とキャッチボールをしてみても良いですね。

 

外で遊ぶことによって、このような空間認知能力が鍛えられることは運動能力や運動神経を伸ばすことに繋がりますから、是非子供に外遊びをさせましょう。

 

最近の子供はゲームばかりやっていると言う風潮もありますが、なるべく運動をさせて体を動かす機会を作ってあげたいですね。

 

外遊びで日本の伝統的な遊びをしてバランス感覚を磨く

 

外遊びには、日本の伝統的な遊びが多いです。
けんけんぱや、竹馬、縄跳びもその遊びの一つとされています。

 

このような伝統的な外遊びは、バランス感覚や持久力を身に付けることが出来るのです。
まだ幼い子供はジャンプが難しいのですが、けんけんぱをすることで、徐々にジャンプが身に付くようになります。

 

リズム感も良くなるとして、日本の伝統的な遊びはずっと続いているのですね。
子供は自ら想像して遊びを作るのが得意です。

 

ルールを自分で決めて外で遊ぶと言うことも、脳にとっては非常に良いことにあたります。
伝統的な遊びに一工夫をして、友達と遊んでいるとアッと言う間に時が流れているでしょう。

 

今日はこんな遊びをした、と言う親への報告も楽しみになるはずです。
外で遊びはコミュニケーションの場にもなりますから、是非子供たちには続けて欲しいですね。

 

運動神経は外遊びから培うもの

 

運動神経を伸ばしたいからと言って、子供に無理に運動の習い事をさせる必要はありません。
運動の習い事で成功する子供もいますが、続かなくて止めてしまうケースも多いです。

 

外遊びが出来る子供は、自発的に運動する能力を持っています

 

自分でどんな遊びをしようか考え、自分で提案し、遊びを行動に移していくことが出来ますね。

 

誰かにやらされたり提案される遊びではなく、自発的に運動すると言うことが運動神経にとってはとても大事なのです。
運動神経を鍛えるには、継続して体を動かすことが必要でしょう。

 

外遊びなら思い切り体を動かすことが出来ますし、自分が好きな遊びを続けることが出来ます。
継続していくと言う点においては、外遊びが一番良い方法だとされているのです。

 

その為には、幼い頃から外遊びを教える必要がありますね。
親が家にばかりいれば、子供も外に出たがらなくなります。

 

逆に親が外で遊ぶように誘えば、子供は外遊びが大好きになるのです。
自分から外遊びをしたいと言うようになりますから、後は発育と共に外遊びで出来ることが増えていくでしょう。

 

外遊びはこのように、子供の心身を鍛えたり子供の運動神経を鍛えるものです。
幼い頃から外遊びをしていれば、大きくなっても外で体を動かすことが好きになるでしょう。

 

外で遊ぶことで体も丈夫になりますし、健康維持にも繋がります。
休日には家族皆で外遊びを楽しんでみましょう。

 

家族の中だけのルールを作ったりして、工夫しながら遊ぶと子供も喜んで外遊びをするようになりますね。
何より遊びを全身で楽しむことがポイントです。

 

その為にはいろいろなアイデアを出し合って、思いきり遊んでみましょう。