子供の運動神経を伸ばすなら水泳もおすすめ?そのメリットとは

水泳

幼児期から習い事をしている子供が増えています。
習い事の中でも人気が高いのは、水泳です。

 

幼稚園に入る前から、水泳を習っていると言う子供も多いですね。
水泳は全身運動だと言われています。

 

大人が水泳を本気でやれば、相当な体力を消耗しますね。
次の日には筋肉痛になっていることもあるでしょう。

 

そのくらい、水泳は運動能力を必要として筋肉を使うと言うことですね。
子供の運動神経を伸ばしたい方は、水泳をさせてみましょう。

 

水泳は赤ちゃんから出来ると言うメリット

 

水泳は、何と生後6か月からスタートすることが出来るので、赤ちゃんのうちから水泳を習っている子供も珍しくありません。

 

赤ちゃんの頃の水泳とは、浮き輪で水にういて、水を楽しんだり水への恐怖心を無くすものです。

 

水泳で水に浮かんでいることによって、しなやかな筋肉を作ることが出来ると言われています。
赤ちゃんのうちから筋肉をつけておくと、体が丈夫になるので健康の為に水泳をさせていると言う親も多いのです。

 

水に浮かんでいるだけでも体力が付きますし、足を動かしたり手を動かすことで筋力がアップすることもメリットですね。
また、親と一緒に水泳が出来ることで子供も喜びます。

 

一緒に水に浮かんでいると親子のコミュニケーションもとれるようになるので、水泳が楽しみに含まれていくでしょう。

 

全身運動でバランスの良い体格に

 

水泳は全身を使います。

泳ぐ時には足も手も両方動かすので、とてもバランスの良い体を作ることが出来るのもメリットです。

 

腕だけを動かしていると、足の方には筋力は付きません。
これではアンバランスになってしまい、他のスポーツをやる際にボール投げは出来るけれどサッカーは苦手と言うことになってしまうのです。

 

水泳では、全身の筋肉をくまなく鍛えることが出来ますから、全身をバランスよく鍛えたい人に良いでしょう。

 

水泳は持久力も必要です。
長時間泳げるようになった時には、相当体力も上がっていると言うことになりますね。

 

体力がつけば運動神経もアップしていますし、体のコンディションも良好に維持出来ることに繋がります。

 

風邪や体調不良になりにくい体を作るのも水泳が良いと言われていますから、幼い頃から水泳を習わせておくと強い体になっていくでしょう。

 

赤ちゃんのうちはまだ浮かんでいるだけですが、バタ足や手の動きが出来るようになれば、距離を伸ばすことが出来ます。

 

目標に向かってゴールする気持ち良さも味わうことが出来るでしょう。
子供には、達成感が生まれて嬉しくなりますね。

 

タイムを競うことで筋力アップに

 

ある程度泳ぎ方をマスターすると、今度はタイムを競うようになるでしょう。
小学生になれば、25mをクロールや平泳ぎで何分かかるかなどをチャレンジさせるスクールも多くなります。

 

学校でも水泳の競技はありますね。
タイムを競うと言うことは、全身を素早く動かすことが出来なければ思うような結果はでません。

 

全身を素早く動かすことで、筋力はさらにアップしますし脳から筋肉への指令も早まります。
水泳をしている子供は頭が良くなると言う説もあるのですが、これも脳からの指令は早くなるからでしょう。

 

自分で満足出来る結果が出れば、もっと早くなりたいと思うでしょうし、運動神経がますます発達するので子供にとっても嬉しい出来事になるのです。

 

水泳をやっている子供は、スポーツが全般的に得意とする傾向があります
体力もありますし、持久力や瞬発力も備えているので、様々なスポーツで活躍出来ることでしょう。

 

水への恐怖心を無くしながら運動神経を鍛える

 

水泳のメリットは、運動神経が付くのと同時に水への恐怖心を打ち消すことが出来るところです。
水への恐怖心がある人は、水泳はおろかプールに入ることすら出来ません。

 

プールや海で泳ぐことになった時に、自分の身を守る手段としても水泳をしておいた方が良いと言う考えもありますね。

 

水泳は身を守る手段であり、運動神経をつけて水への恐怖心を無くすスポーツだと考えましょう。

 

また、余計な体脂肪を無くして基礎代謝をつけるスポーツでもあります。
肥満や便秘など、あらゆる体調の悩みもカバー出来るのが水泳なのですね。

 

水泳で筋力を付けておけば、スポーツのあらゆる分野で活躍出来ると思って良いでしょう。

 

水泳は、出来れば小学生の終わるまでには習っておくようにしたいですね。
小学生までの間に、たくさん筋肉を付けて丈夫な体に鍛えておきましょう。

 

水泳は、このように全身の筋肉や基礎代謝を上げる上でも重要なスポーツです。
自分の身を守ることも出来ますから、身に付けておいた方が得でしょう。

 

水泳で持久力を付けることで、運動神経を鍛えるのと同時に何でも最後までやりきると言う心を持つことが出来ると言われています。

 

勉強面においても、最後までやり通す力や集中力が身に付けば、後に大きな自信に繋がることでしょう。

 

幼児期から水泳を習わせると、良いことがたくさんあるのです。
水泳で、強い体と強い精神力を持ちましょう。