子供が歩いたり走ったりするのはいつから?個人差はあるのか

つかまり立ち

子供の成長を見守る中で、赤ちゃんから次第にハイハイをするようになって、つかまり立ちをして歩く成長過程を見るのはとても楽しいものです。

 

ハイハイを覚えると、自動的に今度は何かにつかまって立とうとするのですから、日々の成長を観察する親もワクワクさせられることでしょう。

 

昨日出来なかったことが、明日やあさってには出来るようになるので、子供を応援したくなりますね。
子供が立ったり、歩いたり、走る時期には個人差もあるようです。

 

歩くまでの段階を踏もう

 

赤ちゃんが安定して歩き出すまでには、いくつかの段階があります。
赤ちゃんは成長し、全身に筋肉が付くことでハイハイするようになるのです。

 

さらに、早い子供では7か月くらいで、もうつかまり立ちを覚えると言います。
7か月でつかまり立ちをするような子供は、8か月では伝い歩きをすることもあるのです。

 

初めは誰でも伝い歩きなのですが、この伝い歩きをするまでには個人差もありますね。
つかまり立ちは10か月くらいまでしている子供もいますし、伝い歩きに関しても1歳過ぎまでしている子供もいます。

 

他の子供が伝い歩きをしているのに、自分の子供はまだしていないとなると親の方が焦ってしまうのですが、全く気にする必要はないでしょう。

 

伝い歩きが進めば今度は、支え要らずで一人で立って歩くようになります。
このように段階を踏んでいくのですが、子供には自分のペースがありますから、遅くても問題はないでしょう。

 

いつから歩くようになるのだろう

 

これは、あくまでも平均的な時期ですが、大体赤ちゃんは一歳前後で歩き出すと言われています。

 

体の大きさ、重さ、成長の速度によっても個人差が出るのです。

 

早い子供は、8か月で歩くこともあります。
遅い子供では、1歳半まで歩きださない子供もいるようです。

 

体重が重いから歩かない、軽いから歩くなどと囁かれてはいますが、赤ちゃんは骨が丈夫になってバランスが良くなり、足腰の筋肉が鍛えられることで歩きはじめると思って良いでしょう。

 

1歳前後が歩く年齢の目安にはなるのですが、それはあくまでも目安です。
早く歩いたから良い、悪いはないと思って良いですね。

 

まずはつかまり立ち、伝い歩きをしっかりとマスターしているかどうかを見て上げましょう。
これらに慣れれば、後は赤ちゃんの気持ちや意欲次第でどうにもなると、考えるようにしたいですね。

 

あまり焦らせると、赤ちゃんが不安になって歩かないと言う説もあるのです。

 

歩くのを完全にマスターしてから走ります

 

歩くことを完全にマスターして、しっかりと歩くようになれば、次第に走ることも出来るようになるでしょう。

 

赤ちゃんが好きなシャボン玉を追いかけたり、ひらひら舞ってくる葉っぱを自発的に走ってキャッチするようなことも出来るようになるのです。

 

歩きはじめるのが平均で1歳前後ですから、走ることは一歳半から2歳にかけて徐々に覚えていくと考えて良いですね。

 

しかし、走ることはあくまでも歩きをマスターした後ですから、走らなくても焦る必要はありません。

 

まだ歩くことに関して慣れていないのだ、と思って温かく見守りましょう。
子供が走るのは、自分の興味があるものにつられて走ることが多いと言います。

 

歩くことがマスター出来るようになったら、風船などを追いかけさせるなどして走ることが出来るか見てみましょう。

 

早足から急に走る動作に切り替わる瞬間がありますから、急かさずに日常の遊びの中で見守ることが大事ですね。

 

歩くことも走ることもゆっくり見守ります

 

赤ちゃんは、その成長に個人差が大きいと言われています。
同じ年齢の赤ちゃんであっても、やることが違うのです。

 

それは興味の違いや、考えの違いがあるのだと思っても良いでしょう。
食べることに関しては、とても早い子がいる一方で、食べることに全く関心のない子供もいます。

 

歩き回ることが大好きな子供もいますが、一方で抱っこされているのが大好きな子供もいるのです。

 

成長や経験を通して、子供は自分の好きなことを徐々に見つけるようになりますから、その中で歩いたり走ったりなどの動作を身に着けていくでしょう。

 

周りの子供が立ったり、走っているからと言って無理強いはいけません。

練習をさせると逆に嫌なイメージがついてしまって、立ったり走ったりする意欲をなくすことがあるので、親が焦りすぎないようにすることが大事でしょう。

 

服装や環境にも気配りを

 

歩くようになれば、服装や環境などに気を付けたいですね。
歩きやすい恰好をさせてあげたり、転んでも怪我をしないようにズボンなどを履かせてみるのも良いでしょう。

 

室内では、靴下を履いていると滑って怪我のもとになります。
お部屋では滑り止めのある靴下を穿かせたり、夏場は裸足にさせてあげて子供が歩いたり走ったりしやすい環境を作ることも大事です。

 

子供はいろいろな物に興味を示すと、思わぬ怪我をすることもあるでしょう。
危ないものがないかどうかをチェックして、歩き回りやすい環境を整えることも大事ですね。